NIGO® x K.IBE Special Collaboration Model

NIGO® x K.IBE Special Collaboration Model

NIGO® x K.IBE Special Collaboration Model
NIGO® x K.IBE Special Collaboration Model

G-SHOCK累計出荷1億本&
生誕35周年記念
35年間の感謝を込めて
NIGO® × K.IBE
スペシャルコラボレーションモデル
全世界各35本抽選販売

日本を代表するファッションデザイナーNIGO®と、G-SHOCKの生みの親である伊部菊雄。
伝説の2人が手がけたスペシャルコラボレーションモデルが登場。

手にした者だけが新たな歴史の目撃者となる。

DEVELOPMENT

時代を創ってきた2人のこだわりをカタチに。

G-SHOCKの開発者である伊部菊雄と、過去幾多のコラボレーションモデルを手がけるファッションデザイナーNIGO®が強力タッグ。「これまでにない表現をデザインに盛り込みたい」という両者の思いを具現化するため、外装塗装からパーツデザイン、パッケージ仕様に至るまで、さまざまなアイデアを注入。新たなデザインの挑戦とブランド生誕35周年を感謝する気持ちを込め、2つのモデルに新たな息吹が吹き込まれた。

NIGO®INTERVIEW

G-SHOCKファンの皆さんNIGO®です。
今回、G-SHOCK1億本と35周年を記念して、Father of G-SHOCKこと伊部さんとファンの皆さんへ感謝の気持ちを込めてかなりスペシャルなモデルを作らせてもらいました。

ストリートカルチャーについて

NIGO® : 「そうですね…。ストリートカルチャー…。僕はよくストリートカルチャーと言われますが、僕自身は特に意識してないですね。ただ、今のそのファッションの主流は、間違いなくストリートから生まれていますよね。それはラグジュアリーなブランドを見ていても、作っている物を見れば、やはりストリートの匂いは感じます。自分自身は、その部分は余り意識せずにやってます。基本30年自分の格好は変わっていないですし、ジーンズにTシャツにG-SHOCKって感じが一番シンプルでオシャレだと思っています。」

NIGO®さんとしてラグジュラリーブランドとか?ヴィトンをはじめストリートカルチャー的な商品を出していますが、NIGO®さん自体の活動で今後考えていますか?

NIGO® : 「2003年にマーク・ジェイコブスとルイ・ヴィトンでサングラスのデザインをしましたが、正直あんまり今は興味がないです。それよりはもうG-SHOCKを作れる方が全然嬉しくて興味あります。とは言いつつも、今は基本的にはあまりコラボはやりたくないです。ただ今回は本当に両手を上げてやらせてほしかったプロジェクトでした。」

昔からG-SHOCKが好きとのことですが、これまでのG-SHOCKとの関わりについて。物作りに対して?G-SHOCKとの出会いなど?

NIGO® : 「多分、高3ぐらいの時に最初のモデルを買ったのが最初ですね。その時に既に、ファッションの中では重要アイテムみたいな位置づけで、よく雑誌に出てましたね。すごいシンプルなんですけど、デザイン性もあるし、もちろん機能性もあるので、当時もかなり話題になってました。これだけ同じデザインが愛され続けているのは、やっぱりその凄さが証明されているということですよね。実はそれって一番難しいことで、この先も永遠に不滅だと思います。それはいつも僕が目指している物作りをでもあります。どの時代にもあっていく物のデザインが一番難しいです。その瞬間だけ盛り上がるデザインは意外と簡単に出来ますが、シンプルで残っていくものは本当に難しいですよ。」

最初に買ったモデルや頂いたモデルなど覚えていますか?

NIGO® : 「はっきりと覚えていないのですけど。多分まだ倉庫を探せばあると思います。ちょっと探しておきます(笑)」

今までG-SHOCKは様々なコラボ商品を作ってきましたが、その様子をどう感じられていましたか?

NIGO® : 「そもそもG-SHOCKの面白い点は、ファッション性があり、いわゆるG-SHOCKマニアだけじゃなく、ファッションピープルも欲しい!となったこと。その人達の中での争奪戦が起きるのが面白いと思います。常に新商品が出ると、話題になって、人が並ぶ、それって不思議で面白いですよね。」

プロジェクトの中で印象に残っていることはありますか?

NIGO® : 「僕が思い浮かんだアイディアを伝えて、それを伊部さんに面白いと思っていただけて、通常ではなかなかできない事を、実現することが出来ました。普通なら「これは出来ない」ということは色々あると思うんですが、今回は本当に自由なアイディアを出して欲しいと言われて、考えられるだけのアイディアをたくさん出しました。伊部さんと一緒に取り組めたからこそ出来たモデルだと思います。自分のキャリアの中でも良い経験になりました。」

G-SHOCKは累計出荷本数1億本突破しましたがそのことについてどう思うか?

NIGO® : 「日本の人口は1億人ということを考えると、日本人全員着けている感覚ですよね。恐るべしG-SHOCK・・・ですね。
あと世界中の人の心を掴んだのが凄いです。日本人として、東京発でいかにグローバルでやっていけるかを自分のテーマとしてもやっているのですが、花火のように一瞬盛り上がることは出来ても、なかなか継続的にやっていく、世界中で売れていくことはかなり難しいです。G-SHOCKはそれを出来たからこそ1億本突破出来たんだと思いますし、自分もそういったモノ作りを今後も出来たら良いなと思います。」

今回の新たな35本限定抽選販売についてはどういった想いがございますか?

NIGO® : 「伊部さんとも話していたのが、1億本突破や35周年を記念して、あくまでも感謝の意を込めて、2人でお祭りというか面白いものを作りたいという想いがありました。もちろん、たくさんの人に届けたいという想いはありますが、色々な事情があり35本作るのが限界で、なかなか手に入りづらいかと思いますが、全員にチャンスがあるので是非、応募して欲しいなという気持ちです。ありそうでなかった良いモデルで僕もこういうのがあったら良いなというモデルが出来ました。」

ベースモデルに選んだ5600シリーズと6900シリーズへの想いをお聞かせください。

NIGO® : 「5600はG-SHOCKの基本となるモデルで、まずこれは是非やらせて欲しいと選ばせていただきました。
6900は以前何度かコラボをさせて頂き、かなり思い入れのあるモデルで、ファレルやカニエもこれを着用していて、ストリートを象徴するアイテムとしてセレクトさせて頂きました。」

最後にメッセージをお願いします。

NIGO® : 「今回の記念で作らせていただいたこのモデル、なかなか手に入りにくいと思いますが、皆さんに手に入れるチャンスがあるので、抽選にはなりますが、是非沢山の方に応募していただけたら、大変嬉しいです。たくさんのご応募お待ちしております」

MADE IN JAPAN

NIGO®
NIGO®

90年代に自身が立ち上げたファッションブランドが世界中を席巻し、ストリートカルチャーのパイオニアとして有名に。2011年にブランドから完全に離れ、現在は「HUMAN MADE®」をはじめ、ユニクロ「UT」やフィリ ップモリス「iQOS」、中国最大手のユースカルチャーマガジン「YOHO!」といったグローバル企業、さらにはサイバーエージェントとの協業レーベルのクリエイティブディレクションを手がけるなど多岐にわたって活動する。一方で音楽シーンにも多大な影響力を与え続け、これまでにプロデュースしたアーティストや音源、映像は数々の作品賞も受賞。HONEST BOYZ®のプロデューサー兼DJとして活動する傍ら、Happinessのアルバムアートワークやグッズデザイン、三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBEのNAOTOが手がけるレーベル「STUDIO SEVEN」とのコラボレーション企画、飲食店舗「CURRY UP」のプロデュースなど、ファッションの垣根を超えた分野でもマルチな才能を発揮している。

伊部 菊雄

1952年生まれ。1976年上智大学理工学部機械工学科卒、カシオ計算機入社。設計部に所属し、デジタル時計の構造開発を担当。1981年に「落としても壊れない時計」というテーマを掲げ、耐衝撃構造の開発をスタ ート。2年を費やし「G-SHOCK」として商品化に至る。その後、外装素材にメタルを用いたG-SHOCK 「MR-G」、フルメタル電波ソーラー時計「OCEANUS」の商品企画等に従事。現在も時計の開発を行いながら、「Father of G-SHOCK」として世界各国で行われているG-SHOCKのイベントに参加し、ブランドの世界観を広める活動を行っている。

FEATURES
FEATURES

DESIGN & TECHNOLOGY

バック刻印

専用パッケージ

NIGO®を数字で記した「25」と、35周年の「35」をあしらった専用デザイン。

  • *パッケージは、最終仕様と異なる場合があります。
バック刻印

バックライト演出

ライト点灯時、シリアルナンバーを時刻表示風(01:35~35:35)にグラフィック表示。

バック刻印

ビス刻印

バックビスとサイドビスのトップに、「NIGO」と「K. IBE」の文字を刻印。

蛍光スケルトン樹脂

サイドボタン&遊環

35年間の感謝の思いを込めたハートマークを、4つのサイドボタンと遊環に配置。

蛍光スケルトン樹脂

蛍光スケルトン樹脂

蛍光染料を 2層の樹脂でコーティング。

バック刻印

バック刻印

裏蓋にシリアルナンバーと35周年特別メッセ ージを刻印。

G-SHOCK 35th Anniversary
NIGO® × K. IBE
Special Collaboration Model

DW-5635-9

¥13,500+税

DW-5635-9

主な仕様

構造
耐衝撃構造
防水性能
20気圧防水
ストップウオッチ
1/100秒計測(00’00”00~59’59”99)/1秒(1:00’00”~23:59’59”)、24時間計、スプリット付き
タイマー
セット単位:1秒、最大セット:24時間、1秒単位で計測、オートリピート
アラーム
マルチアラーム・時報
その他の機能
フルオートカレンダー、12/24時間制表示切替、ELバックライト(残照機能付き)、報音フラッシュ機能(アラーム/時報/タイマー連動発光)
常温携帯精度
平均月差±15秒
使用電源・電池寿命
CR2016・約2年
大きさ
48.9×42.8×13.4mm
質量
約53g

DW-6935-4

¥13,500+税

DW-5635-9

主な仕様

構造
耐衝撃構造
防水性能
20気圧防水
ストップウオッチ
1/100秒計測(00’00”00~59’59”99)/1秒(1:00’00”~23:59’59”)、24時間計、スプリット付き
タイマー
セット単位:1秒、最大セット:24時間、1秒単位で計測、オートリピート
アラーム
マルチアラーム・時報
その他の機能
フルオートカレンダー、12/24時間制表示切替、ELバックライト(残照機能付き)、報音フラッシュ機能(アラーム/時報/タイマー連動発光)
常温携帯精度
平均月差±15秒
使用電源・電池寿命
CR2016・約2年
大きさ
53.2×50.0×16.3mm
質量
約66g

本サイトの応募受付は
終了しました。

たくさんのご応募
ありがとうございました。

Special Collaboration Raffle Event

抽選会の模様

伊部菊雄が行く! 商品配達の旅

東京から香港のお客様のもとへ。

G-SHOCK 35th Anniversary Special Site